鉄道会社の面接に合格するために絶対やってはいけないことはこれだ

鉄道会社に入りたい人へ

小さいころから夢見てきた鉄道会社での駅員や乗務員になる夢。

 

鉄道会社で働くことを夢見る高校3年生、あるいは大学4年生はその夢の実現に向けて頑張ってきたことでしょう。

 

さて、書類選考が無事通過していざ夢の実現に向けていざ面接。

 

この面接さえクリアすれば晴れて夢の鉄道会社に入社です。

 

しかし鉄道会社の面接時に、これをやってしまったら100%落ちてしまうという行為があります。これを知らずにやってしまったらどれだけ出身大学がすごかろうが、ペーパーテストが優秀だったとしても即不採用。鉄道会社で働くという夢はそこで終了です。

 

ウソだと思うでしょうか?いいえ本当の話です。実際に鉄道会社で働いてきたからこそ書ける話です。

 

ノックは3回してからでないと入室してはいけないとか、面接官にどうぞと勧められる前に勝手に椅子に座ってはいけないとか、そんな細かい話ではありません。

 

そういった他の一般企業を受験する際にも気を付けるようなことで気を付けろと言っているのではありません。このNG行為は鉄道会社独特のものです。

 

ではその鉄道会社の就職面接時に絶対やったら100%落ちる行為とは果たして何なのでしょうか。気になった人は続きをどうぞ。

スポンサーリンク




鉄道会社の面接で絶対やってはいけない行為とは・・・?

鉄道会社の面接で絶対にやってはいけない行為。それは・・・

 

鉄道マニアアピールをすることです。

 

具体的には自分が入りたいと思っている鉄道会社の路線や車両などについて非常に詳しいことを面接時にアピールすることです。

 

こんなにあなたの鉄道会社のことについて詳しいんです、好きなんです、だから入社させてくださいと鉄道マニアアピールする学生は思っているのでしょう。

 

しかし、鉄道会社からしてみればいわゆる鉄道マニアというのは別にありがたい存在でもなんでもなく、面接時点で判明すればさっさと排除したい対象なんです。

 

それはなぜなのか。

 

理由としては職務中に公私混同する可能性があるということです。具体的には社員以外は目にすることのできない情報ないしは物品を持ち出して外部にもらしたりする可能性があるってことです。

 

マニアというのはえてして収集欲があるのでもしかすると社内の備品に手を出したりするかもしれないと鉄道会社は考えるんですね。

 

そもそも、鉄道会社からしてみれば別に自社のことについてやたら詳しい人材が欲しいわけではないんですね。

 

鉄道会社が欲しい人材というのは入社後にしっかり営業知識、接客知識を勉強してくれる人、そしてそれを着実に実践して上層部の言うことをよく聞いてお客さんともトラブルを起こすことなく日々業務をきちんと遂行してくれる人が欲しいのです。

 

これはJRにしろ大手私鉄にしろ鉄道会社なら大体共通している認識でしょう。

 

なので、鉄道マニアとおぼしき人物がいたらJRだろうが大手私鉄だろうがすぐさま排除します。つまり不採用ですね。

 

ただ、そうはいっても鉄道マニアで普通に鉄道会社に入社した人が周囲にいるけど?と思うでしょう。それは単に面接時に鉄道マニアであることをアピールしなかっただけの話です。

 

実際私も小さいころから鉄道が好きで鉄道マニアでしたが、面接時に鉄道マニアであることは一切口にしませんでした。

 

分別のつく鉄道マニアであるならば、面接時に鉄道マニアであることを隠すくらいどうってことはないはずです。

 

もしそれができず鉄道会社の面接時に鉄道マニアアピールをしてしまうのだとしたらその時点で職務を行う上で公私混同する可能性を秘めていることになるわけです。

 

鉄道会社がこぞって排除しようとするのは理不尽でもなんでもなく、むしろ道理がとおっていることになります。

 

昨今の少子高齢化の進展によって鉄道会社はどこも厳しい状況です。

 

なので採用人数も減らす傾向にあります。

 

そんななか高い競争率をクリアして書類選考もペーパーテストもクリアして面接まで行けるだけでも相当な幸運と能力を持っているわけです。

 

それなのに最後の砦である面接で鉄道マニアアピールをしてしまったら、それまでの努力は見事に水の泡です。

 

そうならないように、鉄道会社の採用面接時に間違っても鉄道マニアアピールするのは辞めましょう。

 

志望動機や自己PRにおいては鉄道マニアであること以外をしっかりアピールしましょう。

 

例えば地域に根差した公共交通インフラで働いてみたかったとか、人と接するのが好きだから鉄道会社を志望したとかもっともらしい理由を作りましょう。

 

本気で鉄道会社で働きたいと思っているなら、この程度の努力はなんてことないはずです。

 

鉄道会社で働きたければ鉄道マニアアピールは絶対に辞めましょう。これだけでかなりあなたのポイントは上がるはずです。まだ就活する年齢になっていない人もこれだけはしっかりと忘れずに覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました