鉄道会社に就職を希望する人はどんな人が多い?

鉄道会社に入りたい人へ

JRや大手私鉄への就職を希望する人というのはいつの時代も多いです。

 

ではどんな人が鉄道会社への就職を希望しているのでしょうか?

 

なぜこんな話をするかというと、同じように鉄道会社への就職を希望する人の傾向を知っておくことでいわばライバルを出し抜くことができるからです。

 

書類選考や面接においてどういう人が鉄道会社を希望するのか知っているのと知らないのでは大きな差が出てくることでしょう。

 

つまり他の人と違うところで差を着けることで鉄道会社への内定に近づくことができるわけです。

 

では、どういう人が鉄道会社への就職を希望するのか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




1.とにかく安定した会社で働きたい

いきなりですが、鉄道会社で働きたいと希望する人のほとんどはこれです。

 

鉄道が好きで好きでたまらなくて、それを仕事にしたいと思っている人からすれば信じられない話かもしれません。

 

しかし、これが事実です。

 

鉄道会社への就職を希望する理由で最も多いのは「とにかく大きくて安定した会社で働きたかったから」です。

 

これは私が入社後、先輩社員であったり同期であったり後輩社員に聞いて回った結果です。

 

あまりに多くの職員がこう答えたので絶望的な気持ちになったのを覚えています。

 

中にはもともと全く別の仕事の道を希望して専門学校で勉強していたけど、親が大きくて安定した会社で働くことを切望して仕方なく入社したという人もいました。

 

そのこと自体がいいのか悪いのか、それは何とも言えませんが単に大きくて安定した会社で働きたかったからという理由で鉄道会社への就職を希望する人が多いのはれっきとした事実です。

 

2.鉄道が好きだったから

ごくごく少数ですがこういう人がいます。

 

世間のイメージとしてはこういった人が多数派だと思われているでしょうが、現実は超少数派です。だから鉄道会社を受験するには、鉄道マニアよりも鉄道知識を勉強しないといけないとかそんなことは全く考えなくていいですwww。

 

 

鉄道会社に入ってみると驚くのですが、全然マニアっぽくなくむしろ普通に一般企業で働いていそうな人ばっかりです。なんで鉄道会社で働いてるの?っていうくらい優秀な人も多いです。

 

なので鉄道会社とはいえ、鉄道マニアは社内でもかなり目立ちます。これホントです。

 

以前の記事にも書きましたけど、なんせあからさまに鉄道マニアアピールしてくる人は面接時に100%落とされますからね。

 

それを考えると鉄道会社で働くことができている鉄道マニアは、ある意味TPOをわきまえて分別のつく比較的まともな鉄道マニアであるということが言えます。

 

3.何にも考えてない

何も考えてない人が鉄道会社に入れるわけないだろ!と思われる人もいるでしょうが、実際一定数います。

 

これは新卒入社組よりも、どちらかというと契約社員として中途入社しようとする人に見られる傾向です。

 

新卒で入社した会社を様々な事情で退職せざるを得なくなった、あるいはえげつないくらいのブラック企業でやっていけなくなったなど様々な理由で鉄道会社の契約社員を志望する人は多いです。

 

最近はJRも大手私鉄も契約社員の門戸をかなり開いているので、大企業だしとりあえず応募してみるかであっという間に入社が決まる人が多いのです。

 

まあ、一般常識がちゃんと備わっていれば鉄道会社の契約社員は割と内定取りやすいですしね。

 

こういう人はライバルにはまずならないでしょうし、志望動機や自己PRをしっかり作りこんでいけば大丈夫です。

 

まとめ

鉄道会社への就職を希望する人の特徴について書いてきました。

 

もう一度まとめますと鉄道会社への就職を希望する人は

 

1.とにかく安定した会社で働きたい

2.鉄道が好きだったから

3.何も考えていないwww

という特徴があります。

 

これらの3つの特徴を参考にしてライバルを出し抜く志望動機、自己PRをしっかり練りましょう。

 

ヒントとしては鉄道が好きという志望理由もいいのですが、それだと正直鉄道会社の人たちには響きません。

 

例えば地域の人の役に立ちたいとか公共交通を支える力になりたいとか、そういった志望理由をまぜるといいのではないかと思いますね。これなかなかのヒントですよwww。

 

これから新卒採用で鉄道会社を受ける人、あるいは新卒でダメだったけど契約社員として再チャレンジする人の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました