鉄道会社に就職したいなら筆記試験対策は必須です

鉄道会社に入りたい人へ

japanese-train-1336211_640

鉄道会社に就職したいと考えている人は、その熱い思いだけで就職できると思いがちなところがあります。

 

もちろん鉄道会社で仕事がしたいという熱意は大切なのですが、それだけでは鉄道会社に就職することはできません。

 

鉄道会社に就職したければ、必ずSPI対策が必要です。これはJRだろうが大手私鉄だろうが関係なく必要です。

スポンサーリンク




鉄道会社の就職においてSPI対策が必要な理由

就職活動を始めてみるとSPI試験を必ずやるところもあれば、履歴書や面接だけで筆記試験もなく採用か不採用かを決める会社もあることが分かります。

 

しかし鉄道会社はJRだろうと大手私鉄だろうと必ずSPI試験、もしくは一般教養の筆記試験があります。

 

なぜ鉄道会社はSPIもしくは一般教養の筆記試験が必ずあるのか。

 

それは鉄道会社に入社すれば運賃計算や料金計算をはじめ、仕事をしていくうえで必要な膨大な営業知識を勉強しなければいけないからです。

 

そのために最低限の計算ができるかどうか、ある程度理解力があるかどうかを調べないといけないんですね。

 

なので、鉄道業界を目指すならSPIをはじめとする筆記試験は絶対に避けては通れません。

鉄道会社のSPIや筆記試験はそれほど難しいものではない

さて、ここまで読んできたあなたは鉄道会社が実施するSPIや筆記試験は競争率が高いのもあって難しいのではないかと思っていることでしょう。

 

結論から言うとそれほど身構える必要はありません。

 

鉄道会社に入社後勉強する運賃計算や料金計算そのものは小学校の足し算引き算にすぎないので、それができたら十分です。あと時計がちゃんと読めるかくらい。

 

実際私が受けた筆記試験なんて小学生のテストかと思うような内容でした。時計が何時を指しているか答えたり、足し算引き算あと分数とか小学校の勉強ができたら十分突破できるレベルです。

 

鉄道会社の筆記試験だからと言って、車両の名称を答える問題であったり路線名を答えたりといったようなマニアックな知識はまず問われないので安心してください。

 

とはいえ、この程度のレベルの問題も解けない人も一定数いますので鉄道会社はこぞってこういった試験を行うのです。

対策本を一冊買って勉強すれば十分

鉄道会社の筆記試験は全然難しくなく、あくまで足切り程度の意味しかないのでリ○ルートに入るみたいにがっつりと対策する必要はありません。

 

SPI対策の本を一冊買ってきて、パラパラと読んでいれば十分です。

 

それほど身構える必要はありません。

 

とはいえ、何にも対策しないでいざぶっつけ本番で小学生時代苦手だった分数であったり、小数であったりが出題されて手も足も出ないという結果になることもありえます。

 

鉄道会社の筆記試験はそれほど身構える必要はありませんが、とりあえずSPI対策本を一冊買ってきて一通り読んでおくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました