鉄道会社の総合職と現業の違いとは

鉄道会社で働くうえで実は大きく分けて2つのコースがあることを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

JRにしても大手私鉄にしても、鉄道会社の入社コースには大きく分けて現業(プロフェッショナル採用ともいう)総合職というものが存在します。

鉄道会社で働くことを目指すうえでこの2つのコースの違いはしっかりと理解しておかないと「こんなはずじゃなかった・・・」と後で後悔することになります。

一体、この2つのコースはどう違うのでしょうか。それぞれのコースを説明しながら比べていきます。

現業(プロフェッショナル採用)

kids-1153018_640

これは単純に駅員や乗務員として働くことがメインの採用です。

鉄道会社で働くことを考えている人のほとんどがこのコースで入社します。

高卒だろうと大卒だろうと、さらに言えば中途入社の契約社員もみんなごっちゃになってこのコースです。

一般企業においては高卒社員と大卒社員、あるいは契約社員は出世であったり立場や給料の違いが明確だったりするのですが、鉄道会社においては入社時の初任給が異なるくらいしか差が出ません。

高卒社員よりも大卒社員のほうが出世できるということがないのです。

そもそも現業コースはずっと現場で働くことがメインのコースなので出世できるランクも限られています。警察と同じで出世できる役職が限られます。

なのでもし鉄道会社の現場で働くことを夢見ているなら大卒で入社するよりも高卒でチャレンジしたほうがいいといえます。

高卒だろうと大卒だろうと、初任給の金額がちょっと違うだけでどちらにしてもやる仕事は一緒なのでそれなら入社は早いほうがいいってことですね。

総合職

0i9a100015030106yubi_tp_v

JRや大手私鉄においては上に挙げた現業コース以外に総合職というコースがあります。

これは簡単に言えば駅長や本社勤務などのいわゆるエリートを目指すコースです。

なので採用枠がかなり限られていますし、東大・京大・阪大といった超難関国立大学出身でないとまず総合職での内定が取れません。

この総合職で入社した人たちも入社してからしばらくは、現業の人と同じように研修を受けて改札や出札、乗務員まで経験するのですがいつまでも現場で仕事をしないのが特徴です。

ある時期からは現場を離れて、何らかの役職に就いて仕事をするようになり出世昇進していきます。

現業コースに比べて出世昇進できる限界がないので、給料もどんどん増えていきます。

またJR東海においては新幹線の運転士になれるのは総合職に限られているという噂も耳にします。

まさに総合職は鉄道会社のエリートコースだといえるのです。

まとめ

ここまで鉄道会社で働くコースは2つあってそれぞれ違いがあることを紹介してきました。

ほとんどの人が総合職で働くことはできませんので、現業(プロフェッショナル採用)を目指すことになるかと思います。

しかし現業コースは高卒入社、大卒入社、そして最近では中途採用の契約社員と入社経路も年齢も違う人が一緒になって現場で働くことになります。

それこそ大卒社員が高卒社員の下で働くことになることも珍しくないので、大卒だからと言って優遇されることはほぼないと思っておいたほうがいいです。

いくら年上だったり社会経験が豊富でも入社時期が後ならば年下の高卒社員からタメ口をきかれたりするのは日常茶飯事です。

高卒や中途採用の契約社員と一緒に働いたり、出世が限られるのはイヤだという人でそれなりに良い大学に行っている人は総合職を目指しましょう。

コメントの入力は終了しました。