鉄道会社勤務は太る!体重をキープする方法

鉄道会社からの転職

鉄道会社で働いているとどうしても太りやすくなります。

 

鉄道を利用していると駅員さんや乗務員さんってびっくりするくらい太っている人よくいますよね。一体どんな生活してたらそうなるのってくらいに。これにはちゃんと原因があるのです。

 

この記事では鉄道会社で働くとなぜ太りやすいのか、そして体重をキープする方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




泊まり勤務後の行動が諸悪の根源

bed-1545993_640

なぜ、鉄道会社で働くと太りやすいのか。

 

理由は鉄道会社特有の泊まり勤務明けの行動にあります。

 

泊まり勤務の朝は、起きてきてからちゃんと朝食を食べてから本格的に仕事をするのですが、しっかり食べているはずなのに勤務中なぜかかなり空腹感を感じるのです。

 

明確な原因はわかりませんが、おそらく満腹中枢が泊まり勤務明けでおかしくなっているのでしょう。泊まり勤務における睡眠時間が2,3時間程度ということが原因の一つだと思われます。

 

これは経験者ならよくわかってもらえるはずです。

 

そして朝しばらく勤務したら、次の泊まり勤務の同僚に引き継ぎを行って無事勤務終了。

 

眠気と空腹を感じながら、帰宅途中にご飯を食べて帰ったりあるいはコンビニで食べ物を買って帰宅してすぐに寝ることになります。

 

ここまで説明するとなぜ鉄道会社で働くと太りやすいのか、原因がはっきりしますね。

 

泊まり勤務明けにご飯を食べてすぐに寝るからなんです。寝る直前に食べてそのまま寝るなんてそりゃ太るに決まっています。

泊まり勤務明けでは空腹を感じても食べずに寝てしまう

food-1351290_640

ここまで書いてきた「泊まり勤務明けに空腹に耐えかねて食べられるだけ食べてからそのまま寝てしまって太る」というのは、他でもなく私が実際に体験したことです。

 

たいていの人は寝る前に食べて、そのまま寝たら太ることは知っているのでそういったことはしないと思います。

 

しかし、前日2,3時間しか寝ることのできない泊まり勤務では満腹中枢がおかしくなっているので朝食を食べてから勤務しているのに、勤務明けたときには空腹感をものすごく感じるようになっているのです。

 

その空腹感に負けて食べるだけ食べて、そこから寝るという行動パターンになりがちなんですね。

 

空腹を我慢して寝るしかない

sandwich-1580334_640

このように泊まり勤務明けの空腹に負けて、食べられるだけ食べてしまってからそのまま寝るので太ってしまうことを避けるには寝る前に食べることをやめるしかありません。

 

泊まり勤務明けで空腹をガンガン感じているかもしれませんが、それを何とか我慢して自宅に帰って速攻寝るようにすればいいのです。

 

起きてからは食べても大丈夫です。

 

不思議なもので眠りたいという欲求は他の欲求や感覚よりも強いので、どれだけ空腹であっても眠ることはできます。

 

私はこれで増加傾向だった体重を抑えて、むしろ3キロ落とすことができました。

 

今現在鉄道会社の泊まり勤務で体重が増加傾向にある人は一度、泊まり勤務明けで寝る前に何も食べずに寝てみてください。

 

少なくとも体重がそれ以上増加することは防げるはずです。ぜひお試しください。

 

それでもどうしても太ってしまう人、ダイエットがなかなかできない人は加圧シャツの購入も考えてみてくださいね。

 

着るだけで引き締まった体に!?加圧シャツについて詳しくはこちら

 

自宅でいつでも気軽に再現できるライザップはこちらからどうぞ!

話題沸騰!あのライザップが自宅で!?

タイトルとURLをコピーしました