鉄道マニアが鉄道会社に就職出来たら幸せなのか考えてみた

鉄道会社に入りたい人へ

ook85_dorage320150201165246_tp_v

鉄道が好きな人、さらに言えばいわゆる鉄道マニアと呼ばれている人たちが一度は考えるのは「鉄道会社に就職」することですね。

 

学生時代から鉄道会社に入社して運転士や車掌になりたい、あるいは新幹線を運転してみたいと夢見ている人は日本全国にかなりの人数存在することでしょう。

 

しかし、実際に鉄道が好きな人・鉄道マニアの人が夢がかなって鉄道会社で働くことができたらそれは果たして幸せなんでしょうか。

 

意外とこのことは話題になりませんが、鉄道が好きで鉄道会社への就職を少しでも考えている人ならば一度は知っておくべき問題です。

 

この記事では、鉄道マニアが鉄道会社に就職できたら幸せなのかについて分析してみます。

スポンサーリンク




 好きを仕事にするという罠

gazou_0295

何を隠そう私自身、小さいころからプラレールで遊んだり学生時代には日本全国鉄道を使って旅行をするいわゆる鉄道マニアです。

 

なので、学生時代から漠然と鉄道会社に就職したいという夢を持っていました。

 

その夢かなって契約社員という立場ではありますが鉄道会社に就職することができました。

 

ただ、それで自分自身幸せになったのかというとそれはNoでした。

 

鉄道が好きで鉄道会社に入社した人にはわかってもらえるでしょうが、鉄道会社に就職して仕事をするようになると「好きが仕事に」なってしまうわけです。

 

不思議なものでどれだけ鉄道に詳しくて、鉄道が好きであってもそれを仕事にした途端に、つまらないものに思えてくるのです。

 

鉄道会社の仕事は実に単調なルーティンワークの繰り返しです。

 

入社当初はこれから好きなことを仕事にできるとワクワクした気持ちで仕事をやっていても、だんだんと単調なルーティンワークに飽きてきます。

 

実際に駅員や乗務員をやっている人をよく観察してみてください。やる気や希望に満ちた表情で仕事をしている職員は果たしてどれだけいるでしょうか?

 

つまらなそうな顔をしていたり、やる気のない表情で仕事をしている職員がほとんどではありませんか?

 

彼らのほとんどは、鉄道がそれほど好きではないけど大手で安定している鉄道会社を選んだという人ばかりですが鉄道が好きで入社したのに結果として仕事に飽きてしまっている人も数多いのです。

 

「好きを仕事に」というキーワードは昨今よく聞かれる言葉ですが、いざ仕事にしてみると途端につまらなく思えたり、飽きてきたりするのが現状です。

嫌いになるリスクを負ってもチャレンジしたいのかどうか、それが問題だ。

cc176164632_tp_v

鉄道会社に就職して仕事に飽きる程度ならまだいいですが、それがこじれると今まで好きだった鉄道そのものが嫌いになってしまう恐れもあります。

 

もちろん、好きのレベルがけた違いに大きくて鉄道会社の単調なルーティンワークも心から楽しんでやっている人も中にはいます。

 

しかし、そういった人はごく少数であるという厳しい現実があります。

 

つまり鉄道が好きだからと言って鉄道会社に入社するのは、今まで好きだったものを嫌いになるリスクを負うということになるのです。

 

ある意味では賭けですね。そういったリスクを負ってでも鉄道会社での仕事にチャレンジしたいと思えるかどうか、それが問題です。

鉄道が好きだからと言って別に鉄道会社で働く必要は全くない

gazou_0450

これは声を大にして言いたいことなのですが、そもそも鉄道が好きだからと言って鉄道会社で働く必要は全くありません。

 

普段の仕事は仕事と割り切って鉄道とまったく関係のない職業で働きつつ、オフには鉄道車両の撮影に行ったり、地方の鉄道に乗りに行ったりして趣味として楽しんでいる人は数多いです。

 

好きだからと言って仕事にする必要は全くありません。

 

仕事は仕事、趣味は趣味と明確に分ける生き方もあるし、それは全く悪いことではありません。

 

むしろそれが本来の趣味の形であるともいえます。

 

好きな鉄道を嫌いになるリスクを負いたくなければ、趣味は趣味、仕事は仕事と明確に線引きして仕事選びをするべきだと私は考えます。

 

まとめ

・鉄道を趣味として楽しむことと、仕事にすることは天と地ほど異なる。

 

「好きを仕事に」という言葉に従って鉄道会社に就職すると、現実とのギャップや単調なルーティンワークに飽きて鉄道そのものが嫌いになる可能性がある。

 

・趣味は趣味、仕事は仕事と割り切って生きることは全くおかしくないし、むしろそっちのほうが普通である。

 

・鉄道会社に就職して鉄道が嫌いになるリスクを負いたくなければ鉄道会社に就職するのはやめるべき。

タイトルとURLをコピーしました