鉄道会社に就職する際に鉄道知識は必要か?

p_20160718_152650

鉄道会社への就職を目指す人の目的は、大きく分けて2パターンに分かれます。

①鉄道が好きで鉄道に関わる仕事がしたい。

②鉄道会社はたいてい大手でつぶれる心配がないから安定した社会人になりたい。

一見すると、①のほうが志望理由としては純粋で②は不純な志望理由であるかのように思えます。

しかし、いざ鉄道会社に入社してみると圧倒的に入社理由は②が多いです。

確かに大手でつぶれる心配のない鉄道会社で安定した社会人生活を送りたいというのは十分強力な志望理由にはなります。

なぜそうなるのか、詳しいことは別記事にて書いているのでこの記事と合わせて読んでみてください。

さて、晴れて鉄道会社に入社が決まった時点で多くの人が不安に思うことがあります。

それは「ある程度鉄道に詳しくないとやっていけないのではないか」ということです。

具体的には、入社前にある程度鉄道に関する基礎知識等は勉強しておくべきか否かという悩みですね。

志望理由が②のパターンの場合、鉄道ファンといえるほどの知識を持っているわけではない人がほとんどでしょう。

そうなると入社してから全然鉄道知識がないことがネックになってくるのでは?という不安を持ってしまうのも無理はありません。

果たして鉄道会社に入社が決まったら、入社前にある程度鉄道知識を勉強しておいたほうがいいのか、このことについて解説していきます。

別に勉強しなくてOK

いきなり結論から書きますが、入社前にこれといって鉄道に関する知識を勉強しておく必要はありません。

いわゆる鉄道に関する営業知識や接客ノウハウなどは、入社後に正社員だろうと契約社員だろうとしっかりと研修をとおして勉強するので前もって勉強しておく必要はないです。

むしろ事前に勉強をしておくことでかえってその知識が邪魔をして研修がスムーズにいかないことがありえます。

鉄道会社で必要とされる知識やスキルと、鉄道ファンの持っている知識は違うものです。

鉄道会社で仕事をやっていくうえで例えばこの車両は○○系という名前だとか、路線の歴史だとかそういった「マニア的な知識」は必要ないのです。

鉄道ファンは入社してからしっかり研修中に勉強できるのか否かが分かれ道

鉄道ファンとしてある程度鉄道知識を持っていることで、かえって入社してからの研修中にちゃんと勉強しないことになりかねません。

このあたりは鉄道ファンで鉄道会社で仕事をしようとしている人にはしっかりと自覚しておいてほしいところです。

いくら入社前に鉄道ファンとして鉄道に関する知識を持っていたとしても、それで慢心して入社後にろくに勉強しなかったらすぐに鉄道ファンではない同期に追い抜かされて落ちこぼれになります。

実際、鉄道ファンとして同期で有名だったのに入社後ろくに勉強しなかったせいで落ちこぼれになって退職した人がいます。

鉄道ファンとして豊富な鉄道知識がある人も、ない人も長く鉄道会社でやっていけるかは入社後にしっかりと勉強を続けられるかどうかにかかっています。

まとめ

・鉄道会社に入社する前に鉄道に関する知識を勉強しておく必要はない。入社後の研修でしっかり勉強すればOK。

・むしろ中途半端に鉄道知識を持っている人は、それで慢心してしまって結果落ちこぼれになるリスクがある。

・鉄道会社で長く働いていけるかどうかは入社後しっかり勉強を続けられるかどうかにかかっている。

コメントの入力は終了しました。