鉄道会社からの転職先はどんなものがあるか

大手企業だし、安定しているからという理由で鉄道会社に入社したけど正直退職したいと考える人は多くいます。

昔ながらの体育会系な社風や、モンスタークレーマーの対応がつらい、ミスすればかなり詰められる、給料が安いなどが主な理由です。

しかし、鉄道会社からの転職を考えたときにどういった職種や業種に転職することができるのでしょうか?

鉄道会社の仕事というのは、その特殊性ゆえに一般的に「つぶしがきかない」と言われています。

果たして本当に鉄道会社からの転職はつぶしがきかないから難しいのか、実際のところ鉄道会社からの転職先というのはどういった職種や業種なのか、私の体験談も含めて紹介したいと思います。

別の鉄道会社に転職

50000

私が見た中ではこれが一番多かったですね。

私は鉄道会社に入社して2か月ほど研修を受けたのですが、その時点で同期から3人辞めました。

3人ともある日突然研修に来なくなるというほとんど無断欠勤からの退職だったので、具体的な退職理由は聞けずじまいだったのですが、おそらく軍隊的な研修や、そもそも研修についていけなかったから辞めたんだと思います。

しかし、その後風の噂で研修中に退職した3人とも別の鉄道会社に就職したという話を聞きました。

そこは比較的社風がゆるいことで有名な会社なのですが、そこに3人とも転職し今も現役で続いているそうです。

鉄道会社というとどこも同じようなイメージを持つでしょうが、世間が思っている以上に社風であったり待遇であったり人間関係であったりが全然違うことが多いです。

ある鉄道会社では契約社員から正社員昇格は非常に狭き門なのに、別の鉄道会社では比較的正社員昇格することがそれほど難しくないということが普通にあります。

ネット上でも割と鉄道会社から別の鉄道会社への転職例が見られますし、一度鉄道会社を辞めたからと言っても、どうしても諦めきれないのであればもう一度別の鉄道会社で再チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか?

元の職種や業種にもどる

30000

同期ではなく後輩ですが、元の職種に戻った人もいました。

その人は元々調理師だったのですが、異業種である鉄道会社になぜか転職してきたのです。
しかし、モンスタークレーマーになんと日中6時間もからまれ、それで心が折れて退職したのです。

退職後にこれまた風のうわさで調理師に戻ったという話を聞きました。

新卒正社員の場合は当てはまりませんが、中途採用の契約社員の場合は元の職種や業種に戻る人は一定数います。

一度経験している仕事なので比較的やりやすいですし、何より実務経験があるということは転職活動においてはかなりの強みになります。

中途採用で入社した契約社員の人は前職と同じ職種や業種に戻るという選択肢も候補に加えたほうがいいですね。

営業職

8000

意外に思われるかもしれませんが、鉄道会社で働くうえで身に着けた接客スキルは営業職においても活かすことができます。

なぜなら日々不特定多数のお客さんに案内したり、きっぷを販売したりして対人スキルがかなり身につくからです。

実際、私は鉄道会社から営業職に転職を成功させました。

その際には上記のことをアピールしたのは言うまでもありません。

営業職というと日々ノルマに追われる厳しいイメージがある人も多いと思います。

しかし、飛び込み営業やテレアポなどの新規顧客獲得営業ではなく昔から付き合いのある取引先をメインにする営業やカウンター営業などのいわゆる「待ちの営業」もあります。

また駅員や乗務員の仕事の場合は、特定のお客さんと仕事をとおして関係を深めることはまず不可能ですが、営業職の場合は取引先と仕事をとおして人間関係を深めることが可能です。

その点で仕事の面白さややりがいを感じられることもあります。

鉄道会社の仕事はどうしても単調で、何もトラブルやミスがないことが最良とされるのでどうしても仕事がマンネリ化してきて刺激のないものになりがちです。

そういった単調な日々に飽き飽きしている人は営業職への転職を候補に入れてみてはどうでしょうか?

まとめ

ここに紹介した鉄道会社からの転職例はほんの一部です。昔やっていた仕事に戻った人もいれば全く未経験の職種・業種にチャレンジする人もいます。

この記事を読んでくれている人に一番言いたいことは「鉄道会社から他業種や職種に転職することは十分可能」だということです。

決して鉄道会社の仕事は「つぶしのきかない仕事」ではありません。

日々時間厳守でミスなく仕事をこなし、予測できないトラブルにも冷静かつ迅速に対処しないといけない鉄道会社の仕事が他業種・他職種からの人にとって評価が低いわけがないのです。

なので、自分の仕事を卑下せずに自信をもって日々の仕事に取り組んでいただきたいです。

また諸事情で転職を決意したのであれば、自分がやってきた仕事は決してつぶしがきかない仕事ではないと自信をもって転職活動をしてほしいと思います。

よろしければこちらのページもどうぞ!

鉄道会社の仕事を辞めたい人へ(本気で辞めたい人限定)

コメントの入力は終了しました。