鉄道会社の志望動機・自己PRはどうやって作る?作り方まとめ

鉄道会社に入りたい人へ

鉄道会社に応募するときに頭を悩ませるもの、それは志望動機と自己PRではないでしょうか?

 

これらは一般企業への応募においても悩むものです。ただ鉄道会社の場合、一般企業に比べてネットや書籍などで業界事情や実際に働いている人の声などの情報を得られにくいのでなおさら悩むことになります。

 

しかも、鉄道会社というのはあからさまな鉄道マニアは採用しないという暗黙の了解があるので余計に難しいのです。多くの人が思いつきそうな「鉄道が好きだから応募しました」なんていう志望動機では不採用になってしまう可能性が非常に高いです。というよりほぼ落ちるでしょう。

 

鉄道会社の面接に合格するために絶対やってはいけないことはこれだ

 

鉄道に関心があること自体をアピールするのは大いに結構なのですが、鉄道が好きだからとか鉄道マニアであることだけで志望動機や自己PRを作ると100%落とされます。

 

では、鉄道会社の内定につながるベストな志望動機や自己PRとはどんなものなのでしょうか。実際に内定を取った私がそれぞれ解説していきます。

スポンサーリンク




志望動機は「地域に貢献できること」をベースに作る

job-interview-437026_640

まず志望動機ですが、先ほども書いたようにメインに「鉄道が好きだから」とか「小さいころから鉄道の運転士になりたかった」という動機を持ってくるのは絶対に辞めましょう。

 

鉄道会社はどこも鉄道マニアを排除したいと考えています。これは嘘でもなんでもなく現実にそうなっています。

 

あからさまに私は鉄道マニアですよ、鉄道に詳しいですよなんていうアピールは百害あって一利なしです。

 

では志望動機は何を軸に作ればいいのか?

 

実際に鉄道会社に入社することができた私がおススメするのは「鉄道事業が地域に貢献している」ことを志望動機のベースに取り入れることです。

鉄道会社は鉄道事業以外の事業に力を入れ始めている

shopping-mall-1416500_640

鉄道事業というのは公共交通機関としての役割のほかに地域の発展や開発にも深くかかわっているのをご存知でしょうか?

 

昨今では、JRはじめ大手私鉄は鉄道事業以外にもショッピングモールを作ったり不動産開発をしたりと事業を多角化させています。

 

実際鉄道会社の現場職員として入社したにもかかわらず、百貨店事業やその他の事業に異動になって全く鉄道とは関係ない畑違いの仕事を任されるケースが増えています。

 

なぜそうなっているのかというと少子高齢化によって人口が減っていく中、鉄道事業単体では会社の維持ができないからです。

 

つまり鉄道会社は公共交通機関としての面がある一方で、様々な事業を通して沿線地域を支える役割も担っているのです。

 

なので、志望動機としては「生まれ育った地域で働いて地域を支えたいと思っている。御社は公共交通機関として地域を支える一方、様々な事業を展開することでも地域を支えている。御社で働くことで自分のやりたいこと、目標がかなえられるので志望した。」といった感じ作ることをおススメします。

 

これなら面接官に好印象を与えられます。

 

また大っぴらでなくさりげなく鉄道が好きなことをにおわせてもいいです。あくまでさりげなくです。

 

先ほどの志望動機の例に付け加えると「私は鉄道が好きで漠然と鉄道会社で働きたいと思ってきた。それと同時に生まれ育った地域で働くことで地域を支えたい。それら2つを両立できるのは御社しかないと考えた。」といった感じですね。

 

この志望動機だと、それほど鉄道マニアをアピールしていないですよね?そして志望動機として筋も通っているので好印象を与えられます。

生まれ育った地元と関係ない鉄道会社の志望動機はどうやって作る?

上記の志望動機は地元の鉄道会社に就職する場合に使えますが、地元から離れた鉄道会社に応募する際の志望動機はもちろん別のものを考えないといけません。

 

その場合は、その応募した鉄道会社でないとできないことを明示するのがいいかと思います。

 

極端な話、新幹線の乗務員になりたいと思っているのに地元の私鉄に就職してはダメですよね?

 

また、最初は鉄道会社の現場職員として働きたいけど将来はさまざまな事業に関わりたいと考えているならばJRあるいは東京や大阪といった大都市に路線のある大手私鉄でないとダメですよね?

 

地元とは関係のない鉄道会社を受ける際には、他の鉄道会社と何が違うのか、その鉄道会社でないとできないことは何なのか徹底的に調べてそれをアピールするといいでしょう。

自己PRは時間厳守とコツコツと努力を積み重ねられることをアピールしましょう

yota85_husaiyou215135819_tp_v

次に自己PRです。つまり自分は何ができるのか、鉄道会社にしてみたら自分を採用することでどういったメリットがあるのかということですね。

 

これに関しては鉄板の自己PRがあります。

 

それは時間をきっちり守れることと、コツコツと周りに流されずに努力を積み重ねられることです。これをアピールしておくとまず間違いありません。

鉄道会社は時間厳守が最重要

clock-650753_640-1

鉄道会社というのはJRだろうと大手私鉄だろうと時間厳守が最重要視されています。

 

日本の鉄道ダイヤは時間通りで正確であることは有名ですが、それを維持するために秒単位で鉄道ダイヤが作られていることはあまり知られていません。

 

鉄道ダイヤだけでなく、駅員の勤務も作業ダイヤといってこの時間はここでこの仕事といったように時間ごとに細かく仕事が組まれています。

 

つまり時間厳守=鉄道サービスの要といっても過言ではありません。

 

当然ですが、しょっちゅう遅刻したり時間に遅れるような人では話にならないわけです。

 

実際の現場においては、遅刻や出勤時間を間違える職員は結構多くあの手この手でどうすれば時間厳守がより徹底できるのか鉄道会社は頭を悩ませています。

時間が守れることを自己PRに入れるだけで多くの応募者と差別化できる

そこで鉄道会社としては当然ですが時間厳守できる人が当然欲しいわけですが、意外と時間をきっちり守れることを自己PRに入れてくる応募者って実はいないんですね。

 

時間を守るなんて当たり前すぎることだと多くの人が思っていてアピールポイントにならないと多くの人が考えるからだと思われます。

 

ただ、誰もアピールしないからこそあなたが時間をきっちり守ることができる人間であること遅刻無断欠勤をしないことをアピールするだけで多くの応募者との差別化を図ることができます。

 

ウソだと思って自己PRに時間をきっちり守れるとか、今まで学校を無遅刻無欠席でしたとか入れてみてください。面接官にかなりの好印象を与えられるはずです。

周りに流されずにコツコツ努力できる人が最終的に生き残る

golf-balls-965923_640

もう一つのおススメ自己PRの「コツコツと周りに流されずに努力することができる」ことについて説明します。

 

鉄道会社に就職して長くやっていくコツは勉強し続けることでも書いている通り、鉄道会社で運転士や車掌などの乗務員、ひいては役職に就くためには周りに流されずに一人でもコツコツと勉強を続けられることが大切になってきます。

 

ある意味、鉄道会社というのは一人で黙々と努力すれば報われる業界と言っても過言ではありません。一般企業では社内資格や勉強ができたからと言って出世昇進できるわけではないですからね。

 

しかし、いざ鉄道会社に入社してみると気が付くと周りに流されて勉強しなくなったり、遊びほうけたりしてしまう人が大変多いです。

 

周りに流されずに自分一人でコツコツと努力を積み重ねるというのは簡単そうで、実はあなたが思っている以上にかなり難しいことなんです。

 

なので、自己PRとしてコツコツと一人でも努力を続けられることをアピールするのはかなり好印象を与えられます。

 

その証拠として学生時代に勉強して取得した資格をアピールしたり、表彰された経験をアピールするのもいいでしょう。

まとめ

ここまで鉄道会社から内定をもらえる確率が高くなる志望動機と自己PRの作り方について書いてきました。

 

他のサイトでも鉄道会社から内定をもらうためのベストな志望動機や自己PRの作り方を紹介していますが、実際に入社できた私からしてみればかなり薄いなという印象があります。

 

なぜそう感じたのか、考えてみたときに結局のところ鉄道会社はどんな人物を採用したいと考えているのかの分析が足りないからだと気づきました。

 

鉄道会社で仕事をしていくうえで時間厳守できること、コツコツと努力を積み重ねられることが大事になってくるのは、鉄道会社の立場に立てば容易に想像がつきます。

 

ここまで書いてきた志望動機、自己PRの作り方を参考にして多くの応募者と差別化できるあなただけの志望動機、自己PRを作って鉄道会社からの内定をぜひゲットしてください。

 

鉄道会社からの内定ゲットにこの記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました