鉄道会社から鉄道会社への転職は可能なのか?

鉄道会社からの転職

 

新卒で、あるいは契約社員で鉄道会社に入社できたけど、どうも会社の雰囲気が合わない、研修が厳しいなどの理由で辞めたくなるときがあると思います。

 

私自身、鉄道が好きで鉄道会社に就職したいと思って入社しましたが、研修が厳しかったり運賃計算などの業務知識が難しかったりと壁にはいくつもぶつかりました。

 

あまり知られていませんが新卒であろうと契約社員であろうと、入社して研修期間中や配属後1か月以内に退職する人はかなり多いです。鉄道会社というと大手で安定していて手堅いというイメージでしょうがそれだけ厳しい世界なのです。

 

さて、ここで疑問として出てくるのは鉄道会社から鉄道会社への転職は可能なのかということです。

 

一度鉄道会社に入社していろいろあって辞めたくなった、あるいはすでに辞めてしまった人の中にはそれでもまだできることなら鉄道会社の仕事にチャレンジしたいと思う人は結構いるのではないでしょうか?

 

この記事では、鉄道会社から鉄道会社への転職は可能なのか、実際に例はあるのかについて解説していきます。

スポンサーリンク




鉄道会社から鉄道会社の転職は普通にある

結論から書きますと、鉄道会社から鉄道会社への転職は普通にあります。

 

実際、私が鉄道会社に入社して研修中に退職した同期が数名いましたが、そのうちの3人が別の鉄道会社に転職できました。

 

同じ鉄道業界と言っても、会社によって社風であったり待遇であったり実はさまざまな違いがあります。

 

田舎のローカル鉄道路線の会社よりも都市部を走る私鉄のほうがどうしても売上や会社の規模が大きいですから、それだけ待遇が変わってくるのは誰しも簡単に想像がつくところではないでしょうか?

 

それ以外にも上下関係が厳しかったり、はたまた緩かったりといった人間関係の差もあります。入社した鉄道会社でたまたま合わない上司や同僚と仕事をしなくてはいけない状況だったかもしれません。

 

つまり、一つの鉄道会社に入社してみてダメだったからと言ってもそれは鉄道業界に向いていなかったのではなく単にその会社があなたに合っていなかった可能性は否定できないのです。

 

ということは一回鉄道会社に就職して続かなかったからといって、それだけで鉄道会社の仕事をあきらめることはありません。

 

未練が残っているのであれば別の鉄道会社に再チャレンジすればいいだけですし実際に成功例もたくさんあります。

次に成功したかったら何がダメだったのか原因は特定しておくべき

ただ、鉄道業界に未練があって再チャレンジしたいと思っている人にやってほしいことがあります。

 

それは以前入社した鉄道会社はなぜ続かなかったのか、その原因をしっかり特定しておくことです。

 

待遇に不満があったのか、上司や同僚とまるで合わなかったのか、会社の雰囲気が合わなかったのか原因はいろいろあるでしょう。もしかすると辞めた原因は人づだけではないかもしれません。

 

とにかくなんで辞めないといけなくなったのか原因を明確にしておく必要があります。そうしないと仮に別の鉄道会社に転職できたとしても同じような理由で辞めないといけなくなる可能性があるからです。

 

私の場合は、待遇の悪さもありましたがそれ以上に同じ職場で働いていた上司や同僚とまるで話や感覚が合わなかったことが退職に至った最大の原因でした。

 

退職後、別の鉄道会社に転職することはしませんでしたがもし別の鉄道会社への転職をしようとしていたら、第一に人間関係の良し悪しをネットの口コミなどを見て調べたことでしょう。

退職理由を解決できる鉄道会社を探そう、それがないならあきらめよう

別の鉄道会社で成功したかったらなんで前の会社を辞めることになったのか、何が不満だったのか原因をしっかり特定してピックアップしましょう。

 

そして、退職理由となった原因を解決できる鉄道会社を探すことが結果として転職先の鉄道会社でうまくやっていくことにつながります。

 

ただ、退職した原因を特定したとしてもその原因によってはどこの鉄道会社に行ってもダメな場合も少なくありません。

 

例えば朝がどうしても苦手なのに泊まり勤務や不規則な日勤などできっちり時間通りに起きることはまず無理ですよね?

 

時間厳守が絶対の鉄道業界において時間通りに起きれない、出勤できないで退職になった場合どこの鉄道会社に行っても長く働いていくことは不可能なのはいうまでもありません。

 

そうなればもうすっぱりと鉄道業界はあきらめて他の業界に行くべきです。転職サイトに登録したり転職エージェントに早急に相談することがおススメです。

 

他業種でも使えるスキルや経験がなく、つぶしがきかないと思われがちな鉄道業界ですが決してそんなことはなく接客スキルであったり自ら業務知識を勉強できることなどは十分に他業種でも活かせます。

 

鉄道会社から別の鉄道会社への転職は可能ですし、実際に成功例も多いです。

 

ただ、退職に至った原因をしっかり考えてそれが別の鉄道会社で解消できるのかそれをしっかりと考える必要があります。別の鉄道会社で働くことを考える前に自分の適性や実現したいことを明確にすることが次の転職先での成功につながります。

 

 

本気で鉄道会社を辞めて転職したいと考えている人はこちらのページもどうぞ!

 

タイトルとURLをコピーしました