鉄道会社に就職する上で必要な資格やスキルはあるのか?

鉄道会社に入りたい人へ

私はアルバイト、そして契約社員という立場とはいえ鉄道会社で働いていたことを人に話すことがあります。

 

すると私の話を聞いた人の多くが、鉄道会社に入社して働くのが難しいことだと思っていて驚きます。

 

ハッキリ言ってしまうと、鉄道会社に入社する方法は世の中の人が思っている以上に用意されているし、決して難しくありません。その気になって探せば鉄道会社の求人はバンバン出てきます。

 

それでも鉄道会社に入社するには何かしらの資格やスキル、知識が必要なのでは?と思う人が多いです。

 

そこでこの記事では鉄道会社に入社して働くうえで必要になる資格やスキルなどがあるのかについて解説していきます。




別にこれといって必要な資格やスキルはない

結論から言えば鉄道会社に入社するのに必要な資格やスキルはこれといってありません。

 

SPI対策をしっかりやって、面接を無難に乗り越えられれば普通に入社できます。それほどハードルは高くありません。

 

実際、私が契約社員で入社した時もこれといった資格やスキルを持っていない人はたくさんいました。中には前職が旅行会社で旅行業務取扱管理者資格を持っている人もいましたが、別にその資格が活かせる場面もありませんでしたね(笑)。

 

なので鉄道会社に入りたいけど特に資格やスキルを持っているわけでもないという人でも安心してください。他の職種や会社を受けるときと同じようにSPIや面接対策をしていれば大丈夫です。

強いて言うならあったほうが有利なスキルや経験とは

ただ、鉄道会社の面接などでアピールすると受けが良いスキルや経験というのは正直あります。

 

具体的には以下のスキルや経験です。

 

英語がそれなりに話せる。完璧に話せる必要はないが日常会話なら余裕くらいのレベル。留学経験があれば鬼に金棒。

接客の仕事をやっていたことがある。駅員はもはや接客業となりつつあるので接客の経験はかなりアピールポイントとして使える。

塾や家庭教師など人に何かを教える仕事の経験。駅員や車掌はお客さんの質問や問い合わせに丁寧にわかりやすくそして迅速に答える必要があるので、こういった仕事の経験はかなり活かせる。

 

もちろん、先ほども書きましたがこれらのスキルや経験がなくても別に入社できる人はできますし仕事もそつなくこなすことは十分可能です。

 

接客のスキルや営業知識、話し方などは研修期間中にみっちりと教わるので真面目に勉強ができる人ならまず大丈夫です。

 

ただ、面接の際にもし上記のスキルや経験を持っているのなら余すことなくアピールしましょう。かなりあなたに対する印象が良くなるのは確実です。

これからスキルや経験を積むのもアリ

先ほど挙げたスキルや経験がないからといっても心配しないでください。

 

これからスキルや経験を積むということも可能だからです。

 

接客の経験がないなら近くのコンビニでもいいからとにかく接客業にチャレンジしてみるとか、英語が苦手なら大人のための英語を勉強する本が本屋さんにはたくさんあるのでそれで勉強してみるとか、やれることは考えればたくさんあるはずです。

 

本気で鉄道会社に入社して働きたい、鉄道会社以外のサラリーマン人生なんて考えられないと思っているのであればこれらのスキルや経験を積むことなんてたやすいはず。

 

どのみち鉄道会社に入社すれば勉強しなければいけないことは山ほどあります。入社前に勉強ができない人は仮に鉄道会社に入社できてもすぐにドロップアウトする羽目になります。

 

本気で鉄道会社に入りたいのであれば不足しているスキルや経験なんて今からでも身に着けてやる!くらいのハングリー精神でチャレンジしたほうがいいですね。鉄道会社で長く働き続けるには結構精神的な強さが必要ですよ。

タイトルとURLをコピーしました