意外と多い!?鉄道会社に就職するメリットまとめ

このサイトでは鉄道会社で働くことに関して、割とシビアな意見を書いています。

しかしそれだと今後鉄道会社で働きたいと思える人が少なくなるかもしれないので、この記事では趣向を変えて鉄道会社に就職するメリットをまとめてみたいと思います。

世の中の人が想像できるメリットから、実際に働いてみないと実感できないメリットまでまとめました。これから鉄道会社への就職を考えている人はぜひ読んでみてください。

平日休みがメインなので遊びに行ったり買い物がはかどる

まずはこれですね。

鉄道会社の仕事は土日祝日やお盆、お正月やゴールデンウィークといった世間の多くの人が休む日にはぶっちゃけ休みにくいです。

しかし、世間の多くの人が働く平日が休みになるのでテーマパークに遊びに行ったり、買い物に行くとかなり空いているので快適です。

大阪や東京といった都市部では特に平日休みの快適さを実感できます。

平日しかまともに休めないと聞くと、友人と予定が合わなくなるという人がいますが一度平日休みの快適さを味わうと土日祝日などの休みがむしろうっとうしくなります。

平日の有給休暇は驚くほど取りやすい

平日休みが快適であることのついでに、鉄道会社においては平日に関しては有給休暇が驚くほどすんなり取れるということも付け加えておきたいと思います。

ただ、逆に言えばお盆やお正月、ゴールデンウィークといった多客期に休みたいと言えばかなりイヤな顔をされるので注意したいところです。

自社路線がタダで乗り放題

鉄道会社の正社員あるいは契約社員として就職すると、乗車証というものがもらえます(おそらく鉄道会社によって名前が違うが中身は同じ)。

これは簡単に言えば自社の路線は無料で乗り降り自由というものです。

仕事でも利用するので会社からもらえるものですが、プライベートでももちろん利用可能です。

JRのように自社路線が長距離なほど得をします。

仕事だけでなく遊びや買い物、旅行などに使えるのでホントに重宝します。

泊まり明けの解放感がすごい

鉄道会社の勤務においては泊まり勤務がつきものです。

泊まり勤務というとほぼ24時間拘束なので、一見するときつく感じます。

しかし休憩時間は日勤に比べて多めに設定されていますし、何より泊まり勤務明けの解放感はハンパじゃないです。

鉄道会社の泊まり勤務の睡眠時間は?朝に弱くても大丈夫?

泊まり勤務は稼げるって本当?

鉄道会社の泊まり勤務と日勤はどちらがしんどい?

特に解放感がスゴイのが日曜からの泊まり勤務で月曜日が泊まり明けの時ですね。

多くの勤め人があーしんどいな、会社に行きたくないなと思いながら通勤しているのを横目に自宅に帰宅する解放感、優越感と言ったらないですね。

鉄道会社の仕事はハードなことが多いですが、その一方でメリットもこれだけあります。

これらのメリットは一般企業ではなかなか体験できないものです。これらのメリットが魅力的に感じる人は鉄道会社への就職にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

コメントの入力は終了しました。