経験者が語る!鉄道会社に就職しやすい大学とは

鉄道会社に入りたい人へ

大手鉄道会社に就職するうえで、就職に有利な大学というのはあるのかというのは非常に気になるところ。

 

実際のところ、鉄道会社への就職で有利な大学、不利な大学というのがあるのか、あるとすればどこなのか実際に働いていた私が答えたいと思う。

スポンサーリンク




基本的にない、高卒でも普通に就職できる

結論から言えば、大手鉄道会社への就職において有利になる大学というのは基本的にない。

 

どこの大学へ行っていても就職を目指すことは十分可能。

 

そもそも鉄道業界というのは、未だに高卒社員の多い業界。警察などの公務員と同じで高卒社員と大卒社員が一緒に現場で働いている。

 

しかも鉄道会社における高卒社員は決して少数派ではない。高卒社員と大卒社員の割合は現場においてはほぼ半々だと考えていい。

 

高卒でも十分入社できる道があるのだから、偏差値の高い有名国公立や私立大学に行くと有利だとか、いわゆるFラン大学だから書類選考の時点で落とされるなんてことはまずない。

 

世の中の多くの大企業が学歴フィルターで書類選考をする中、ある意味鉄道業界というのは間口に関してはフェアな業界だといえるだろう。

 

ただし高卒社員と大卒社員では入社時の初任給が異なるので、少しでも多く給料をもらいたかったら大卒であるに越したことはない。

総合職に関しては東大、京大、阪大レベルの学歴が必要

ただし、JRを含む大手鉄道会社の総合職に関しては話が別である。

 

総合職というのは、駅長などの役職や本社勤務などを目指すいわば「エリートコース」のことだ。

 

あまり知られていないが新幹線の乗務員も基本的に総合職の社員がなるので、新幹線の乗務員になりたかったら総合職を目指す必要がある。

 

これに関しては高卒社員や、私立大卒程度の学歴ではまず内定が出ない。

 

ではどれくらいのレベルの学歴を要求されるかというと「東大、京大、阪大」レベルである。

 

超難関レベルの国公立大学出身者でないとJRおよび大手私鉄の総合職にはまずなれない。

 

よって最終的には役職者や本社勤務を目指したい、新幹線の乗務員になりたいという人は総合職を目指さなければならず、またそのためには東大、京大、阪大レベルの超難関大学に行く必要がある。

 

実際、私自身現場で総合職に新卒で入った社員と話したことがあるが、ほぼすべて東大、京大、阪大出身者だった。鉄道会社の総合職はかなりのエリートなのだ。

現場での仕事を目指すだけなら高卒以上で十分。ただし総合職は超エリート

ここまで書いてきたことを再度まとめると単に鉄道会社の現場での仕事、駅員や在来線の運転士や車掌などがしたいだけならどこの大学が有利だとか不利だとかは一切ない。それどころか高卒であっても十分入社できる可能性はある。

 

よって、基本的には鉄道会社を目指すのに学歴にこだわる必要はない。

 

ただし、駅長などの役職や本社勤務、ないしは新幹線の乗務員を目指したいのであれば難関国立大から総合職を目指す必要がある。しかも間口は狭い。

 

現場の社員に関しては新卒社員だけでも100人以上採用するのはざらにあるが、総合職に関してはエリートなので多くて数十人程度という狭き門だ。

 

総合職を目指すのでなければ、それほど学歴にこだわる必要はない。就職するのに大切なことは学歴よりも時間をきっちり守れるか、粘り強く自ら勉強を続けることができるか、丁寧に他人に接することができるかをアピールすることである。

タイトルとURLをコピーしました