鉄道会社は女性にとって働きやすい職場なのか考えてみた

最近、電車に乗ると女性の運転士や車掌さんが増えてきました。鉄道会社における女性の割合はどんどん高くなってきています。

しかし、そもそも鉄道会社というのは女性が全くと言っていいほどいない状態がずっと続いていました。

JRは割と早い時期から女性の駅員や乗務員を採用してきましたが大手私鉄においては本格的に女性を採用し始めたのはここ2,3年というところもあります。

つまりそれだけ鉄道会社というのは男性中心の会社として長くやってきているわけです。

そうなると気になるのが、最近鉄道会社が女性の採用を本格化しているとはいえ女性にとって働きやすい職場なのかどうかってことですよね。

そこで男性である私から見て女性にとって鉄道会社は働きやすい職場なのか考えてみました。

これから鉄道会社で働くことを目指している女性の方は参考にしてみてください。

女性はまだまだ数少ないので大切にされる

私が見ていて思ったのですが、鉄道会社においてまだまだ女性の駅員あるいは乗務員というのは数少ないのでかなり大切にされているなということを感じました。

やっぱり上の人も会社も結構女性に対して気を使ってますよ。積極的に話しかけたり親切に仕事のやり方を教えたりしているところはかなり目にしました。

男女関係なく鉄道会社は現在慢性的な人手不足という面もあるでしょうが、女性であることでバカにしたり雑に扱ったりしているところは見たことがありませんね。

参考記事:今ほど鉄道会社に入社しやすい時代はない理由

なので鉄道会社に対してかなり最近まで男社会だったから不安だという女性は多いかと思いますが、そこは安心していいと思います。

結婚や出産におけるサポートは一般企業以上

また鉄道会社は結婚や出産におけるサポート体制は一般企業以上だということを付け加えておきます。

まず結婚したら労働組合からお祝い金がもらえます。今の一般企業において結婚したことでお祝い金がもらえる企業はどれだけあるでしょうか?

また子供ができたときもお祝い金がもらえます。

さらにここが重要なのですが、自動的に短時間労働ができるようになります。

実際子供ができて短時間労働のシフトに入っている女性を何人も見ましたのでちゃんと制度として機能しているといえるでしょう。

昨今、一般企業においては子供が生まれて産休を取ろうとすると「マタハラ」に遭ったり、職場復帰したら待遇や立場が下になっていたりして不当な扱いを受けるということが問題になっています。

しかし鉄道会社においてはもともと大企業で福利厚生がしっかりしていますし、先ほど紹介したように手厚い待遇がありますのでマタハラや不当な扱いを受けることはまずないといえるでしょう。

ちゃんと女性社員が短時間労働や産休に入っても、職場がちゃんと回るように設計されているからというのが理由です。

セクハラやパワハラは全くないとは言えないから被害に遭ったら即通報

ここまで、鉄道会社は実は女性にとって割と働きやすい環境を提供しているよということを紹介してきました。

しかし、セクハラやパワハラが全くないかというと残念ながらそうではありません。

なので、万が一そのようなことに遭ったときのための防衛手段を知っておく必要があります。

具体的には鉄道会社においてはセクハラやパワハラの相談窓口をキチンと設けていますので、そこに即通報することですね。

最近では新入社員に対してセクハラやパワハラ防止研修が積極的に行われていますが、残念ながら鉄道会社は職人気質の人が多い職場です。つまりもともとセクハラやパワハラが起きやすい労働環境ではあるのです。

ただ、一般企業においてはそもそもセクハラやパワハラの被害に遭っても通報窓口がなかったり、形だけで機能していないということが数多くあります。それを考えるとキチンと対処する方法があるだけでもいいといえるでしょう。

結論:鉄道会社は女性にとって実はねらい目の職場

結論としては「鉄道会社は女性が働きやすい環境を必死に整備しているので働きやすい、実はねらい目の職場」といえます。

また最近の鉄道会社は接客に力をかなり入れています。そうなると男性よりも女性のほうが重宝されるのは言うまでもありません。鉄道会社はどんどん女性を採用したいと考えているはずです。

なのでこれからもますます女性にとって働きやすいと感じられる職場や制度を整備していくことは間違いありません。

鉄道に元々興味のある人も、そうでなくても女性が働きやすい職場を探している人もとりあえず挑戦してみてはどうでしょうか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。