鉄道会社に入社するために必要な知識はない

よくヤフー知恵袋などの質問投稿サイトで

「鉄道会社にどうしても入りたいから入社に有利になる大学や学部を教えて」とか

「鉄道系の専門学校に行かないと鉄道会社への入社は厳しいですか?」

というような質問をよく目にします。

いきなり結論から書きますが「鉄道会社への入社を目指すうえで事前知識は一切必要ない」です。

それどころか鉄道会社入社前に中途半端に知識をつけるのはかえって害ですらあります。

その理由をこれから解説していきたいと思います。

入社前から鉄道の知識を持っている人はほとんどいない

一つ目はこれです。そもそも「鉄道会社に入社が決まる人=鉄道に関する知識が多少なりともある人」という考え自体が間違っています。

実際に入社してみればわかりますが、鉄道の知識を元々持っていた人どころか鉄道が好きで入った人すら見つけるのは難しいです。

正直、なんで鉄道会社に入ったの?と尋ねたくなるレベルで鉄道の知識があるわけでも鉄道に興味があったわけでもない人がわんさかいます。

もちろん10人に一人以下の割合で鉄道マニア的な人もいます。ただ鉄道会社で働いている圧倒的多数は入社前に鉄道知識を持っていたわけでも、鉄道マニアでもなかった人たちなのです。

つまり現状としては、鉄道会社には鉄道知識どころか鉄道への興味関心自体がなくても入れるしむしろそれが当たり前だといえるのです。

どの鉄道会社にも共通する業務知識などない

鉄道会社を目指す人で学生時代に鉄道知識を身に着けておくべきなのではないかと考える人はたいてい、どの鉄道会社でも共通する鉄道の基礎知識みたいなものがあると考えています。

ハッキリ言いますがそれが大間違いなのです。

JRや大手私鉄などで共通する鉄道知識など皆無です。

ホームの呼び方ひとつとっても「〇番線」と呼ぶ会社があれば「〇号線」と呼ぶ会社もあります。

取り扱っている切符の種類であったり運賃計算方法は当然違いますし、接客ノウハウひとつとっても会社によって全然違うことでしょう。

鉄道会社に入社する人のほとんどが目指すであろう、運転士や車掌といった乗務員の仕事のやり方も当然違います。

つまりどこの鉄道会社に就職しても活かせる鉄道知識なんてものは存在しないのです。

ということは入社前に鉄道関係の専門学校に通って鉄道の基礎知識を勉強しようなんてのはナンセンスなのは明らかですよね。

これが鉄道会社に入社する前に鉄道の知識を勉強する必要がない2つ目の理由です。

かえって気持ち悪がられるし、事前知識は新しい知識を学ぶうえで邪魔にしかならない

3つ目。これが意外と大きい理由です。

鉄道会社に入社すれば正社員はもちろん、契約社員ですら数か月にわたる研修を受けます。

その研修を真面目に頑張れば、入社前に鉄道知識のなかった人でも業務に支障ないレベルで知識が身に付きます。

その研修の場はもしかすると鉄道知識をある程度持っている人にとっては退屈な研修になるかもしれません。あからさまに態度に出したり、いまいち理解できていない同期をバカにするかもしれません。

あるいは自分が勉強してきた鉄道知識をひけらかしたくなるかもしれません。ただ、こういったことをすればどうなるかもうお分かりですよね。

そうです。同期に嫌われてしまうのです。

嫌われるだけならまだしも、あなたが入社した鉄道会社のやり方とあなたがそれまでに学んできた鉄道の知識はかなり違うかもしれません。

そうなったときに素直に受け入れにくくなるのです。そりゃそうですよね?わざわざ専門学校に行ったりして身に着けた鉄道の知識がここでは通用しないと認めるのはつらいですから。

鉄道会社に入るために良かれと思って見に着けた鉄道の知識が、皮肉にもアナタの鉄道院としての人生を邪魔する結果につながってしまうのです。

これが3つ目の理由です。

鉄道の基礎知識は必要ない。ただし一般常識は勉強しておくべき

ここまでをまとめると「鉄道会社に入るために鉄道の基礎知識を勉強する必要はないしむしろ有害」ということです。

では鉄道会社への入社を目指すうえで必要なことは何なのでしょうか?

それは「一般常識」です。

ちゃんと人の顔や目をみて挨拶ができるとか、そういったことです。

「何を当たり前なことを」と思われるかもしれませんが、鉄道知識はすごくても人の顔や目を見て挨拶や会話ができない、人と衝突ばかりしているようでは鉄道会社の社員として以前に社会人としてやっていけません。

意外と見落としがちなんですが、とても大切なことなのであえて書きました。

鉄道会社のほとんどがいわゆる鉄道マニアを入社させないという方針を取っているのは、実はこういった考え方もあるということを頭の片隅にでも置いておいてください。

鉄道会社に入社したかったら鉄道知識よりもまず一般常識を身につけましょう。そのあたりは一般企業への就職と何ら変わりありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。