いよいよ鉄道業界の人手不足が深刻化してきたという話

鉄道業界で働くことを夢見ている学生さんには朗報かもしれませんが、最近鉄道業界の人手不足が深刻化してきているなという印象を持っています。

パンフレットで求人なんて一昔前は全くなかった

例えば最近ではJRでも私鉄でも、駅で働くアルバイトや契約社員の募集パンフレットを作って広く人を募集するようになりました。

よく郵便局が定期的にポストに社員募集のチラシを入れたり、窓口に求人案内のチラシを置いたりしていますがあれと変わらない状態に鉄道業界もなりつつあるのです。

かつては鉄道業界というのはどうやって飛び込んだらいいのかわからないとか、募集枠が非常に限られていたりしてなかなか就職するのが難しい業界でした。

鉄道が好きな人は今も昔も多いですし、当然その流れで鉄道業界で働きたいという人も昔から一定数いたわけですが、上記のような理由で泣く泣くあきらめる人も多かったのです。

それが今や常時駅にパンフレットを置いてまで募集している状態なのです。それだけ鉄道業界の人手不足は深刻化しているといっていいでしょう。

つまり鉄道業界に入りたいと思っている学生さん、あるいは社会人の方にとっては大きなチャンスなのです。

人材の質の低下は避けられない

ただ、逆に言えば鉄道業界の人材の質の低下は避けられないことになります。

人手不足の業界あるいは会社は多かれ少なかれ人材の質が低下します。

なんせ人がいないのですから応募してきた人はほぼ採用という状態になるので、他の業界や会社からあぶれた、能力の低い人材が集まりやすくなるのです。

つまり人手不足⇒誰でもいいから即採用⇒人材の質の低下⇒ミスや事故の多発という流れになる可能性が高くなります。

実際、最近では人手不足が原因なのか鉄道設備から煙が出たり信号トラブルといったような鉄道会社に非があるトラブルや事故が多発してきています。

以前の鉄道業界では考えられない話ですが、設備の老朽化と深刻な人手不足が少なからず影響しているのは確実でしょう。

鉄道業界の人手不足は長い目で見れば社会にかなり深刻な影響をもたらすリスクがあります。

鉄道業界で働きたい人は今すぐチャレンジがおススメ

鉄道業界で働きたいという人は今ほど仕事に就きやすい時代はないので、すぐにでもチャレンジしてみることはおススメできます。

立場としてはバイトだったり契約社員からのスタートですが、会社によっては正社員登用制度もありますし、なにより鉄道会社で働くというのはどんな感じなのかを勉強できます。

鉄道というのは私たちの生活と密接に関係している割に、その仕事の実態というのが全くと言っていいほど世間に知られていない業界ですから、それを学ぶ意味でもバイトや契約社員といった立場でチャレンジするのは有意義です。

働いてみた結果、自分には向いていないとわかればバイトや契約社員なら簡単に辞められますしその後の転職活動においても、たとえ非正規雇用だったとしても大手の鉄道会社で働いていたという経験は少なからずアピールポイントになります。

つまり鉄道業界にチャレンジする人にとってはリスクがないのです。

当サイトでは鉄道業界の闇の部分も少なからず書いてはいますが、とはいえそこらの中小企業で正社員をやるくらいなら大手鉄道会社の契約社員のほうがよほど待遇がいいなんてことはめずらしくありません。今日明日つぶれるリスクもないというのもメリットです。

鉄道業界で働くことに興味がある人は今すぐにでもチャレンジしましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする