鉄道会社の仕事を辞めたい人へ

スポンサーリンク




いろいろな事情があって鉄道会社を辞めたい人がやるべきことをまとめました。

待遇や仕事内容、はたまた人間関係や将来性などさまざまな理由で転職を考えている人の助けになる記事だと思っています。

実際に鉄道会社から一般企業に転職成功した、当サイト管理人の観点から書いていますのでぜひ参考になさってください。

在職中から転職の準備を始める

この文章を読んでいる人の立場は実に様々だと思います。

契約社員だったり、正社員だったり、乗務員だったり、あるいは駅務だったり。

しかし、これだけは言えます。

鉄道会社における立場が違っても、鉄道会社を辞めて転職するにおいては同じだということです。

何が同じか、それは「退職及び転職の準備は在職中にやっておく」ということ。

一般的に転職活動は在職中のうちからやっておくのか、退職してから行うのかというのは議論の的になっています。

しかし、当サイトにおいては在職中から転職活動をはじめて次の転職先が決まってから退職することを強くおススメします。

理由は2つあります。

一つは退職してからの転職活動はかなり大きなリスクを背負うことになるということ。

転職活動はアナタが思っている以上に時間もお金も消費します。

それもかなり早いスピードで。

退職してからだとアナタ自身の貯金でそれを乗り切らないといけません。

しかし、転職活動が長引くとどうなるでしょうか?

減る貯蓄、内定がなかなか取れない現状にメンタルはかなり消耗します。

そしてメンタルの不安定さは、面接担当者にも伝わり不採用のスパイラルが止まらなくなります。

転職活動においては不安やリスクを徹底的に排除しなければ、うまくいくものもうまくいきません。これは私の経験からも言えることです。

もう一つは内定が取れてから退職を申し出ることで、引き留められることを防ぐことができます。

人間不思議なもので、もう辞めたいと思っている職場でも退職を引き留められれば感情が動いてしまうものなのです。

しかし、在職中に転職活動をして転職先から内定がゲットできれば「もう内定が出ていますので」と引き留め工作を簡単に阻止することができます。

逆に言えば、実際問題希望する転職先から内定をゲットしたとしても上司や同僚から引き留められた程度で、感情が揺らぎそうなのであれば転職活動そのものを辞めたほうがいいでしょう。

それはすなわちアナタが現在勤めている鉄道会社でやり残したこととか、あるいは未練があることの何よりの証拠ですから。

アナタも社会人の一員として仕事をしている以上、内定が出てからやっぱり今の鉄道会社で頑張りますは通用しません。

その点、自分は本当に鉄道会社を辞めて転職したいのかまずしっかりと考えてから行動する必要があります。

自力だけで転職活動は絶対にしない

そしてこれから転職活動をしようというアナタに声を大にして言いたいのは「自力だけで転職活動は絶対にしてはいけない」ということです。

具体的にいうと

・転職求人サイトに登録

・受けてみたい企業を自ら選んで応募

・履歴書や職務経歴書を自分で悩みながら作成

・面接で想定される質問に対する答えも作成

・内定が出た後の給料交渉や退職の時期の交渉

これらのことをアナタ一人で絶対にやるなということです。

転職に関して素人であるアナタがいくら頑張ったところで、これらすべてに関してアナタ一人でパーフェクトにこなすことはまず不可能です。断言してもいいです。

むしろムダに消耗した挙句、結果が伴わないのでメンタルが落ち込み、そして内定が出ないという悪のスパイラルに陥る可能性大です。

改めて聞きますが、アナタは

・本当に自分にあった企業や業界を選ぶ自信やスキルがありますか?

・企業に受ける履歴書や職務経歴書を書けますか?というか知っていますか?

・面接対策を自分でできますか?

・給料交渉や退職時期の交渉ができますか?

・そもそもこれだけの活動を鉄道会社の仕事と並行してできますか?

答えは当然Noですよね?

じゃあどうすればいいのか。

答えはカンタンです。

転職エージェントに任せればいいのです。

転職エージェントとはものすごく簡単に説明すると「アナタの転職活動を徹底的に助けてくれる存在」です。

具体的には

・アナタが向いていそうな業界ないしは会社を提案してくれます。

・書類選考を突破できる履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれます。

・模擬面接をはじめ、面接で想定される質問に対する回答を一緒に考えてくれます。

・めでたく内定がゲットできたら、給料交渉や入社時期の交渉をアナタに代わってやってくれます。さらに退職に関するアドバイスもしてくれます。

そしてここは特筆すべき点なのですが、何よりこれらすべてのサービスが無料で利用できるのです。

決して転職エージェントはボランティアでやっているわけではありません。

これは求人を出している企業から採用が決まるたびにお金をもらっているために、仕事を求める側からお金をもらわなくてもできるのです。

なので転職エージェントのスタッフもアナタが希望する企業から内定ゲットできるように一生懸命頑張ってくれます。アナタの転職が決まれば多額の報酬が入るんですから当然ですよね。

転職エージェントは複数登録していいし、そのほうが効率も良い

ここまでの説明でアナタが転職活動を今から始めるならば、在職中に転職エージェントに登録してやるのがベストだということは理解できたかと思います。

ちなみに、転職エージェントはアナタ自身に合った企業を見つけやすくするためにも複数登録しておくことをおススメします。

では具体的にどこの転職エージェントがいいのか、数多く存在する転職エージェントの中から当サイトが2つに厳選しました。

転職したいと思ったら、とりあえずこの2つの転職エージェントに登録しておけばまず大丈夫。

アナタの転職活動がスムーズにうまくいくことを心から願ってご紹介いたします。

ワークポート




アナタと同年代の若いスタッフの多い転職エージェントです。

最近ではターミナル駅や電車内での広告を積極的に出すなど、非常に勢いのある転職エージェントです。

企業への応募書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで安心して丸投げできる転職エージェントですので、とりあえずここを抑えておけば間違いないです。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

DYMのマッチングサービス

MeetsAgent

最近誕生した転職エージェントです。

なんと登録後、書類選考なしで企業面接まで行くことができるサービスを展開しています。

紹介できる企業はなんと大手を含めて2000社以上!その中からアナタに合った企業を提案してくれます。

中には登録後たった1週間で内定をゲットした方もいます。なかなか転職の難しい既卒やフリーター、はてはニートに至るまで転職を成功させた実績が豊富です。

・転職したいけど、短期間で職を転々としている人

・職歴に一貫性のない人

はここをメインの転職エージェントにしてもいいでしょう。

一日でも早く転職先を決めたい人、まだ若い20代の人向けです。

DYMの転職支援サービスを受ける

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク